受験とチョコレート

いつも受験生に、合格のジンクスとしてお勧めしているものがあります。

それは、「チョコレート」です。

 

「試験を受ける日は、チョコレートを食べると良いよ」と言うアドバイスを、毎年必ずしています。

また実際に、試験前にはお勧めチョコをまとめて、生徒それぞれに渡しています。

 

チョコレートを推す理由は、何かの受け売りではなく、自身の経験によるものです。

チョコレートを食べて試験に臨むと、「頭が冴え、気持ちも落ち着いて」受けることが出来た経験から来ています。

私自身今でも、資格試験など試験を受ける日は欠かさずチョコレートを食べるようにしています。

実際にチョコレートを食べて試験を受けるようになってからは、満足いく結果が得られるようになりました。

そういった経験から、これはジンクス化してしまおうと決め、「試験にはチョコレート」というジンクスを生徒たちにも伝えています。

 

少しマジメな話をすると、科学的な理由もあります。

脳の栄養源は糖分ですが、この糖分をチョコレートで手軽に摂取できます。

また、チョコレートに含まれる「テオブロミン」「フェニルアセトアルデヒド」などが、精神安定+集中力・記憶力アップに効果があるとされています。

 

同様に、試験の日に食べると良いと一般的に推奨されているものに「バナナ」があります。

確かにバナナの栄養は素晴らしく、申し分ありません。

しかし、試験の日にバナナを食べたくなるかと言われると、正直微妙という人も少なくないと思います。

また、「今は食べる気がしないけど、とりあえず持っていって後で食べよう」とした場合、バナナでは様々な不都合が生じます。

まず、バナナは持っていきにくい。

皆さん、ポケットにバナナを突っ込んであるいている人がいたら、違和感を感じないでしょうか。

大阪の千日前商店街でそのような人を見かけたこともありますが、紳士淑女のたしなみとしては如何なものか。

やはり、ポケットにバナナは難しいですね。

じゃあカバンに入れようということになりますが、これもリスクがあります。

なぜなら、バナナは柔らかい(too  soft)。

試験の日、カバンにバナナを入れて行ったとしましょう。

満員電車の中、テキストや受験票に挟まれて、いつのまにかカバンの中で「身が出てる」ということも考えられます。

考えてみるとシュールな光景です。

試験会場で受験票を出したら、受験票にバナナの筋(あの白いやつ)がついていた。

小梅太夫ばりの「ちっきしょー」な光景ではありませんか。

とりあえず試験会場の中がフルーティーな香りに包まれるでしょう。

そして、試験中きっとあなたはおなかが空くでしょう。

 

この点チョコレートはOKです。

ポケットに入れて持ち運びも出来ますし、もちろんカバンの中に忍ばせても問題ありません。

 

そして何よりチョコレートをお勧めする理由は、「種類の多さと入手しやすさ」です。

チョコレートは、数え切れないほどの種類発売されています。

ミルクチョコレート、ホワイトチョコレートからアーモンドが入ったものや、ストロベリー味、カカオの濃いものなど、多種多様です。

味も違えば、食感や形も様々です。

個々人、自分の好みに合わせて選ぶことが出来ます。

この点バナナは、当たり前ですが「バナナ」しかありません。

バナナが好きでなければ、その時点で「ないわ~。バナナはないわ~」となってしまいます。

チョコレートなら、ミルクチョコは無理だけど、ブラックチョコならOKという人はいるでしょう。

しかし、バナナに関してはフィリピン産はダメだけど、マダガスカル産ならOKという人はそう多くありません。

というか、それはもはやバナナ嫌いではなく、バナナが好き過ぎるやつです。

 

また、入手しやすさも大切な要因です。

試験の日はこれ!と決めていても、ついうっかり持って出ることを忘れてしまうことがあります。

この場合でもチョコレートなら、出先で簡単に買うことができます。

コンビニや駅のキオスクでも買えます。

これがバナナなら少し難しいかも知れません。

仮にあったとしても、出先でバナナを食べるのにはいささか抵抗があるかと思います。

 

バナナを食べながら駅の改札を通る姿を想像すると、私はとても受験生にはお勧めできません。

 

以上の観点から、試験にはバナナよりもチョコレートを推しています。

まだ試されていない人は、是非おためし頂ければと思います。

 

(以下、チョコバナナ禁止)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です