夏休みは、宿題をこなす事よりも学習習慣が大切

夏休みに突入

 

いよいよ夏休みになりました。

子供たちにとっては、待ち望んでいたお休みです。

遊べる時間が増える反面、宿題もやらなければなりません。

051679

 

夏休みの宿題は、先に済ませようとする子、8月の末に慌ててやる子と、性格が出るものです。

最後に慌ててやるよりも、早目に済ませておく方が良いのはもちろんです。

しかし、早く宿題を終わらせてしまって、それで夏休みの勉強は終わり!としてしまって良いのでしょうか?

 

夏休みの宿題の目的

 

学校が夏休みの宿題を出す目的は、ただ単に問題を解かせることではありません。

その真の狙いは、学習の習慣をキープすることにあります。

夏休みの期間は1ヶ月半程あり、この間全く勉強しないとなると、学習能力の低下を招きかねません。

369182h9f7t06oge

宿題を出すことにより、半ば強制的に学習の習慣をつけさせ、学力の低下を防ぐ意図があります。

ですから、出来ることならば夏休みの宿題は日数で等分し、毎日少しづつでも取り組むことがベストと言えます。

早い時期に宿題を終わらせた場合は、別にドリルを買って取り組むなり、塾で勉強するなりして、学習の習慣を途切れさせない様にしましょう。

いつも応援頂きありがとう御座います
ポチっとしたら絶対合格!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です