委託販売のシステム

委託販売- 利益を出さないシステム-

 

アクセサリーショップHappy Yukiを立ち上げるにあたり、運営の一形態として、委託販売を行おうと考えました。

通常の委託販売では、売買を行うお店側に幾らかの利益が残る様にするのが普通です。

一般に経営というのは、「如何に効率よく利益を出すか」を追求するのがセオリーと言えるでしょう。

しかし、セオリー通りに事を行えば、セオリー通りにしか事は運びません。

そして、論理的に考えて見れば、この資本主義社会において、小資本のお店が大資本家たちと同じ理念で動けば、必ず競争に負けます。

戦いで言い表すならば、資本とは兵隊の数であり、武器の量です。

小さな兵の集団が、大きな国の軍隊と、同じ戦法で戦えばどうなるでしょう。

そんなことは火を見るまでもなく、明らかです。

負けることが分かっていて武器を取るのは、ただの自殺行為でしかありません。

それにも関わらず、一般の経営に関する理論は、小資本家も大資本家と同じ様に振る舞えと言うものばかり。

セオリーを知ることはとても大切なことですが、セオリー通りにすることは必ずしも賢明なことではありません。

「如何に利益を出すか」が経営の要諦と言うならば、「如何に利益を出さないか」という方向から考えてみるのも悪くないではありませんか。

次回の記事では、委託販売契約書の作成過程を書きたいと思います。
いつも応援頂きありがとう御座います

あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です