子テーマを導入するなら、早めが吉(WordPress)

ブログカスタマイズにおいて、欲は尽きない

 

ブログのカスタマイズを始めると、「あれもこれも」となり、終わることが無い探求に入っていきます。

自分が納得いく様に進めていけば良いのですが、カスタマイズを進める上で勧めておきたいことがあります。

それは、「子テーマ」の導入です。

オリジナルデザインのままで良ければ、必要はありませんが、カスタマイズをするならば入れておいた方が間違いがありません。

一生懸命カスタマイズをしても、基本となるテーマを更新すれば、カスタマイズはいっぺんに吹き飛びます。

その点、「子テーマ」があれば、「親テーマ」を更新しても、カスタマイズは生きます。

先のことを見越すならば、是非「子テーマ」を導入しておきましょう。

 

後からの導入は面倒

 

「子テーマ」を導入するならば、タイミングは早いに越したことがありません。

さんざんカスタマイズをした後で導入するのは、大変面倒です。

「子テーマ」はオリジナルデザインを想定して作られているため、オリジナルを崩したものに適用すると、見栄えが悪くなることがあります。

実際、私のブログでも適用を試みたものの、デザインが崩れたため断念しました。

崩れたところを一つ一つ調整していけば良いのですが、それは苦痛以外の何ものでもなく、やりたく無い作業です。

ブログカスタマイズに取り組むならば、最初に「子テーマ」の導入をやっておくと、後々楽になります。

660c38a92a55fbe913cba13338cf8f45_s

最後まで記事をお読みいただき、有難う御座います664789c6oez1lkq4

あなたに合格が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です