1-1-1-3.【数直線】

[mathjax]

イントロダクション

数直線とは、直線の上に数字を書いたもののことです。

0を基準に、左にいくほど小さく、右にいくほど数字が大きくなります。

例:

      数直線1

 

テストでは、数直線の数字を一部隠し、与えられた数字が、数直線のどの位置に入るかが問われます。

小数、分数が紛らわしいだけで、解き方さえ分かれば難しくありません。

ポイントは、テストでは数直線の数字を一部隠しているということです。

出題者の思惑通りに解く必要はありません。

隠された数字を埋めてから答えれば、間違いなく解けます。

 

★例題1-1-1-3★

 問ア:下の数直線上に、3を書き表しなさい

 数直線2

考え方:

①数直線の数字が全部書かれていないのは、答えを間違えやすくするためにしていること。

②ミスをしないためには、まず数直線の数字を埋める。

③答えを書いたあとに、埋めた数字を消しておく。(数学では、答えを書く場所に答え以外のことが書いてあるとバツにされます)

 

 

数直線3

問題では、数直線上での3の位置を聞かれているので、

 

数直線4

 

最後に、鉛筆で書いた目盛りを消しておきます。

数直線5

このやり方で確実に正解できる様になります。

あとは、数字が小数になったり、分数になったりするだけです。

次のページで、小数の場合、分数の場合を見てみましょう。

 

問イ:下の数直線上に、-2.5を書き表しなさい。

 

数直線2

 

まず、数直線の空白を埋める。

数直線3

 

-2.5というのは、-2と-3の間なので、

 

数直線6

最後に、答え以外を消して

数直線7

問ウ下の数直線上に、[latex]\frac{3}{2}[/latex] を書き表しなさい。

 

数直線2

①分数のままでは扱いにくいので、[latex]\frac{3}{2}[/latex]  を小数に変えて考えてみる⇒1.5

②1.5ならば、どこに入るか?

数直線8

ここで注意!

 

問題文では、[latex]\frac{3}{2}[/latex] を書き表しなさいと書いてあるので、1.5で答えるとバツになる!

つまり、答えは以下の様になります。

 数直線9

 問題文の通りに書くことがポイントです☆

 

練習問題1-1-1-3

次の数を、下の数直線上に表しなさい。-4,+2,-3.5,[latex]\frac{3}{2}[/latex] ,-[latex]\frac{5}{2}[/latex]

数直線2

 

例題の解き方が守られていれば確実に正解できます。

答えは省略させていただきます。

いつも応援頂きありがとう御座います

あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です