1-1-2-1.【反対の性質をもつ量】

イントロダクション

ここでは、収入とか支出を、+、-を使って表します。

日常生活でも意識せずに使っていることです。

難しく考え込まずに、さらっと確認して進んでいきましょう。

 

★例題1-1-2-1★

問:100円の収入を+100円で表すとき、100円の支出を、負の数を使って表しなさい。

▼考え方▼

言葉をプラス、マイナスで書き換える。

答:-100円

 

 

練習問題1-1-2-1

問:30分後を+30分で表すとき、10分前を、負の数を使って表しなさい。

 

答:-10分

 

いつも応援頂きありがとう御座います


あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です