1-1-2-3.【負の数を使って表すことば】

イントロダクション

負の数をつかっていろいろな量を表すことが出来ます。

例えば、100円損したことを、「-100円得した」という風に表します。

ポイントは、マイナスの符号が付くと、言葉の意味が逆転するところです。

得の反対は損なので、結局-100円の得というのは、100円の損と同じ意味になります。

言葉が変わっても一緒です。マイナスがつくと、言葉の意味は逆になります。

そのルールさえ分かれば、難しいところではありません。

しかし、もし現実生活でこんな言葉を使い続けたら、間違いなく嫌がられますね^^

ここは屁理屈みたいなものなので、難しく考えこまずに、さらっと流して次へ進みましょう。

 

★例題1-1-2-3★

問:200円安いことを、「高い」ということばを使って表しなさい。

答:-200円高い

 

練習問題1-1-2-3

答はテキスト反転で確認いただけます。

問:① 5人少ない [多い]

答:-5人多い

問:② 500円余る[たりない]

答:-500円たりない
いつも応援頂きありがとう御座います

あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です