1-1-3-2. 【数の大小】

[mathjax]

イントロダクション

数の大小を不等号 > ,<を使って表します。開いている方が大きい方です。

これも、ルールを覚えてしまって解けば、確実に解けます。

 

★例題1-1-3-2★

次の2数の大小を、不等号を使って表しなさい。

 

問ア: 3 ,0

答ア: 3>0

 

問イ: -1 ,5

答イ:-1<5

 

問ウ: -[latex]\frac{4}{5}[/latex] , -[latex]\frac{3}{5}[/latex]

☆ポイント☆

両方に-符号が付いている数同士を較べるときは、絶対値の大きい方が小さくなる

 

▼考え方▼

①[latex]\frac{4}{5}[/latex] と [latex]\frac{3}{5}[/latex] を絶対値で比べる

②[latex]\frac{4}{5}[/latex] の方が絶対値が大きい

③ポイント「両方に-符号が付いている数同士を較べるときは、絶対値の大きい方が小さくなる!」ので、

答ウ: -[latex]\frac{4}{5}[/latex] < -[latex]\frac{3}{5}[/latex]

 

練習問題1-1-3-2

次の2数の大小を、不等号を使って表しなさい。

問①: -3  ,  -8

答①: -3 > -8

 

問②: +0.5 ,  1.3

答②: +0.5 < 1.3

 

問③:-[latex]\frac{1}{2}[/latex]  ,  -[latex]\frac{1}{3}[/latex]

答③:-[latex]\frac{1}{2}[/latex]  <  -[latex]\frac{1}{3}[/latex]
いつも応援頂きありがとう御座います

あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です