1-2-1-2. 【正の数・負の数の加法】

イントロダクション

この単元も、前の単元と同じです。

違いは+と+が並ぶこと。

+と+は、+のままで構いません。

数字の前の+符号は、省略できることからも分かります。

例として、3+(+3)は、3+3と同じです。

重要なので、よく練習が必要です。

 

★例題1-2-1-2★

問:(+1)+(+2)

 

▼考え方▼

上の式は、1+2と整理できる。

 

答:3

 

練習問題1-2-1-2

※答はテキスト反転でご確認頂けます。

問①:(+25)+(+10)

答①:35

解説:25+10と整理できます。

 

問②:10+(+20)

答②:30

 

問③:-30+(+30)

答③:

 

問④:(+20)+(-10)

答④:10

解説:20ー10と整理できます。
いつも応援頂きありがとう御座います

あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です