Happy Yuki また少しショップのカスタマイズが進みました

アクセサリーショップHappy Yukiを改造中です。

新たにカスタマイズが進んだところを、簡単にご紹介いたします。
 

見た目補正用のバー

まず、商品のがたつきを見た目上補正するために、バー表示を入れました。

2014-09-17_06h51_11

 

 

カテゴリータイトルの変更

つづいて、「カテゴリー」の表示を、新たにラインナップとして画像を差し替えました。

こちらは、マウスオーバーでメッセージが出ます。

2014-09-17_06h50_43

 

マウスオーバーで以下の様になります。

 

2014-09-17_06h55_00

 

 

ランキング表示の導入

ランキング表示もする様にしました。

デフォルトだとこんな感じです。

2014-09-17_01h15_15

  

表示タイトルがイマイチだったので、次のタイトルに差し替えました。

 

2014-09-17_06h50_56

 

タイトル上にマウスオーバーしていただくと、メッセージが出る様にしました。

2014-09-17_06h59_14

 

検索結果画面の補正

商品の検索結果画面も、見た目のがたつきがありました。

2014-09-17_07h02_36

 

これを、破線を入れて、見た目を整えました。

2014-09-17_07h02_13

 

他、細々とした変更もおこないました。

カスタマイズで不明な箇所がありましたので、MakeShopに2件ほど問い合わせメールも送りました。(回答が来れば、ブログで開示いたします)

 

カスタマイズに関しては、最初のころはどこを触っていいのかも分からず、ただただ苦痛でしかありませんでした。

最近は、なんとなく分かってきて徐々にではありますが、カスタマイズが楽しくなってきました。

改造すればする程、新しい発見がありますし、あれもこれもとしなければならないことに気付かされます。

 

しかし、小手先の変更では、良いショップにはなりません。

特にアパレル関係のショップで大変なのは、商品写真です。

写真の鮮明さはもちろんのこと、見栄えというか写真の構成が重要です。

それも、モデルさんの登用が重要になってきます。

By: THORCC BY 2.0

実際、アパレル関係の一流サイトは、漏れなくモデルというか、人物を絡めた写真が多く使われています。

Make Shopの方も、セミナーでその点は強調されておりました。

モデルさんがいるだけで、ブランドイメージや商品への訴求力が全然違うんですよね。

Happy Yukiもそうしたいのは山々なのですが、今は予算というか資金が無いので、ただ物を写すだけになっております。

モデルさんを雇えれば、商品の演出方法もだいぶ変わっていくのですが。

とりあえず、フリーの画像素材を駆使し、頑張ります^^

 

商品は表示されているものがまだ40点だけですが、今後登録予定の商品点数は、数百点単位であります。

日々カスタマイズしておりますので、宜しければ下の画像(検索窓)をクリックいただき、ご訪問ください。

お待ちしております429777zo2912lr15

Happy Yukiへのご訪問は下の検索バナーよりどうぞ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です