will you~ と would you~の違い、can you~ とcould you の違い

Will  you ~と Would  you ~ はどう違う

中学生からよく受ける質問に、Will  you ~と Would  you ~ の違いが分からないというのがあります。

学校ではちゃんと習ったし、問題集でもしょっちゅう出てくる文法だけど、違いがよく分からないというのです。

 

 

質問をしてくれた生徒の参考書を見せてもらうと、Will  you ~と Would  you ~について、

「Will  you ~ は ~してくれますか。

Would  you ~ は ~して頂けませんか。

Would  you ~  の方が丁寧な使い方です」と書いてあります。

これでは、分かる訳がありません。

してくれますかがwill you  で、して頂けますかがwould  you だなんて憶えたら、そりゃもうどっちでもいいよってなっちゃいます笑

 

ネィティブの感覚では

ネィティブの方からすると、両者の違いはかなりハッキリとした差があります。

will you は、かなり馴れ馴れしい、日本語でいう「タメ口」に近い感覚の様です。

「~してくれますか?」というよりも、関西弁でいうところの「~してくれへん?」みたいな、かなり砕けた感じの使い方です。

ですから、仲の良い友達同士で使うのは問題がありませんが、普通に初対面の人に使う言葉使いではありません。

基本はwould you ~ です。

would  you ~がことさら改まって丁寧な言葉なのではなく、普通にwould  you  を使う、日本語でいう「です、ます」くらい基本的な敬語感覚で使われます。

 

知らないと恥をかく!?

このことを知らずに外国人の方と話す機会があると、少し恥ずかしいというか、相手を驚かせることがあります。

かくいう私も昔カフェでアルバイトをしていたときに、恥ずかしい思いをした経験があります。

稀に外国からの観光客で、日本語が全く話せない方に接客する機会があったときに、will  you  と would   you の違いが感覚的に分からずに、will  you  を普通に使っていました。

 

will you  を使うと、それまでにこやかだったお客様の目が、一瞬ギョっとされることがよくありました。

怒るとかではなく、普通にちょっとビックリした感じの表情です。

そのまま話を続けていると、何事もなく終わるのですが、当時はそのギョッとされる理由がよく分かりませんでした。

 

英語の得意な友人にその話をすると、「そりゃ驚いて当然だよ。普通に店員が丁寧な言葉で話しをしていて、急に話の途中で『~してくれへんか』みたいなタメ口使われたら、引くだろ」と笑われました。

日本人は特に接客は丁寧ですから、英語は下手でもしっかりとお辞儀と笑顔で挨拶をして、そこからの急なタメ口ですから、そりゃ違和感ありますよね^^

 

助動詞むき出しは下品

このような違いはwill you と would  you  だけではありません。

can  you  と could  you  も同じ様な違いがあります。

「出来ませんか」と言うのと、「出来へんか」というのでは全然違いますよね。関西弁にすると、余計にエグイですが笑

 

いずれの場合も共通して言えるのは、

助動詞をむき出しで使うのは、下品という発想です。

 

will  you  は will  という助動詞をむき出しで使っていますよね。

これが下品なんだと感じる様です。

エチケットとして、ちゃんとwould  って言おうよという感じ。

同じ様に can  you  も  can  という助動詞をそのまま使っていますよね。

助動詞をそのまま使うのは、丁寧さが含まれていない、馴れ馴れしいなぁとなる様です。

 

ですから、英作文などで書く機会があれば、特に指定が無い限りは、原則としてwill you は使わずにwould  you を。

can  you  ではなく、could  you  を使う様にしましょう。

何度も言いますが、特別丁寧な言い方なのではなく、普通はwould  you 、could  you を使うのです。

これが原則で、むしろwill  you  、 can  you  を使ったら違和感を感じるくらいが丁度いいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です