1-2-1-4. 【加法の計算法則】

イントロダクション

 

たし算に関する、2つの法則を学習します。

①加法の交換法則: a+b=b+a

②加法の結合法則: (a+b)+c=a+(b+c)

なんだか大げさな名前ですが、つまりはこういうことです。

例① 1+2=2+1

例②(1+2)+3=1+(2+3)

要は、足し算って順番変えても答は同じだよねーという法則です。

この法則を使うことによって、ややこしい計算を整理することが出来ます。

注意する点は、引き算ではこの法則は使えないということです。

1-2と2-1は、同じ答えにはなりません。

この法則が成り立つことを、実際に下の問題を計算して確認してみましょう。

 

練習問題1-2-1-4

問①:a=+15, b=-40 のとき、加法の交換法則a+b=b+aが成り立つことを確かめなさい。

 

▼解説▼

上の数字を法則にあてはめてみます。

+15+(-40)=(-40)+15

=の左の式は、計算すると答えは-25

=の右の式も、計算すると答えは-25

法則が成り立つことが実感できればOKです。

 

問②:a=+10, b=-20,c=-30のとき、加法の結合法則(a+b)+c=a+(b+c)が成り立つことを確かめなさい。

 

▼解説▼

これも問①と同じ様に、上の数字を法則にあてはめてみます。

{10+(-20)}+30=10+(-20+30)

=の左側を計算すると、答えは20

また、=の右側も計算すると、答えは20

つまり、たし算は順番を変えたり、( )の位置を変えたりしても、答えは変わらないことが分かったというわけです。

 

やっていることは、難しいことではありません。

法則という名前の響きで尻込みしない様に、軽く流していきましょう。
いつも応援頂きありがとう御座います
あなたに幸運が訪れます様に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です