1-2-1-5. 【正の数・負の数の減法】

イントロダクション

以前、-(+○)という場合の処理について学びました。

「+と-が並んだときは、マイナスが支配する」ので、( )を外すと、-○になるということでした。

今回新たに学習するのは、-(-○)の場合です。

マイナス同士が並ぶとどうなるのか。

答えは、「マイナスとマイナスでプラスになる」のです。

つまり、-(-○)は、( )を外すと、+○になります。

これはルールですので憶えてしまいましょう。

 

★例題1-2-1-5★

①  (―7)-(+2)

▼考え方▼

なにはともあれ、( )を外して考えましょう。

―7-+2

マイナスとプラスが並んでしまった…

ルール:+と-が並んだときは、マイナスが支配する

=-7-2

=―(7+2)

=-9

 

問② (―4)-(-6)

▼考え方▼

なにはともあれ、( )を外してみよう。

-4― ―6

-と-が並んでしまった…

ルール:-と-が並んだときは、+になる

=-4+6

=2

昔、天才バカボンのパパが「反対の反対は賛成なのだ」と言っていましたが、つまりそういうことです。

 

練習問題1-2-1-5

 ※答はテキスト反転でご確認いただけます。

問①:-5-(+10)

答①:ー15

▼解説▼

-(+10)は-10になるので、

-5-10

=-15

 

問②:-20-(-30)

答②:10

▼解説▼

-(-30)は+30になるので、

-20+30

=10

いつも応援頂きありがとう御座います
あなたに幸運が訪れます様に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です