1-2-2-1. 【正の項・負の項】

イントロダクション

+の符号がついた数を正の項

-の符号がついた数を負の項 といいます。

ただそれだけのことです。

 

★例題1-2-2-1★

問:次の式から、正の項、負の項を答えなさい。

(―7)+(+2)+(+4)+(-3)

 

▼答▼

正の項:+2、+4

負の項:-7、-3

 

練習問題1-2-2-1

 ※答はテキスト反転でご確認いただけます。

次の式について、正の項と負の項について答えなさい。

問①:(+1)+(-100)+(-8)

▼答①▼

正の項:+1

負の項:-100,-8

 

 問②:(-9)+(-7)+(+9)

▼答②▼

正の項:+9

負の項:-9,-7

いつも応援頂きありがとう御座います
あなたに幸運が訪れます様に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です