試験直前は、追い込みの最大のチャンスだ!

試験まであと2日

 

この記事の執筆時点(2014年5月23日)で、工事担任者試験まで、あと2日となりました。

受験される方は、不安な時間を過ごされていることかと思います。

どんなに勉強が進んでいても、試験直前は落ち着かないものです。

逆にいうと、試験の直前期、試験の2日前、1日前というのは、集中力が高まり、最も記憶に残りやすいタイミングでもあります。

全く勉強をしてこなかった人が、一夜漬け、朝漬け(当日朝の勉強)で、合格点を取ることは珍しくありません。

どんなに不安要素があっても、投げ出さずに最後の一瞬まで取り組むことが合格の秘訣です。

037873

 

試験開始の瞬間まで、とにかく憶える

 

直前期は、とにかく暗記が重要です。

理屈を考えたり、理解しようとするには時間がかかります。

一方、暗記というのは、むしろ時間が少ない方が頭に入ります

試験まであと2日とか、1日とかの段階では、とにかく憶える。

試験までの短期記憶で構いませんから、頭の中に詰め込んでしまいましょう。

意外と思われるかも知れませんが、試験当日の朝もはかどります。

試験会場までの道のり、移動の電車やバスの中を利用し、どんどんキーワードを憶えていきましょう。

051679

 

過去問だけをやる

 

直前期に、何に取り組めばいいかと言うと、それはズバリ「過去問」です。

直前期ほど、不安になっていろいろな物に手を出しがちですが、それは賢明なことではありません。

過去に出題された実績があり、これからも出題の可能性が高いもの、それが過去問です。

各科目、過去問に絞って、正解率を限りなく100%に近づけていきましょう。

過去問がパーフェクトに出来る様になれば、あなたの合格は保証されたも同然です。

とにかく、最後の瞬間まで諦めない様に。

マークシートであれば、転記ミスに気をつけて、分からなくても必ず全部埋めてしまいましょう。

絶対合格!!!

049441a1e321af5c7887afa07f31fc85_s
いつも応援頂きありがとう御座います
あなたに幸運が訪れます様に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です