functions.phpに要注意

変更をかけると画面が白紙になる!

先日来ブログカスタマイズをしていて、設定に変更をかけた際に、ブラウザの画面が真っ白になる状態になりました。

気がつくとその状態になっていて、どのタイミングでそうなったのか分かりませんでした。

プラグインを入れたり、参考とするサイトを検索しながらCSSをいじったりと色々していたので、一体どれが原因か分かりません。

windowを同時にたくさん開いていたり、バックでphotoshop やillustrator等のソフトも起動させていたので、最初のうちはメモリが逼迫して誤動作を起こしているのかなとスルーして作業を続けていたのも、原因が分からなくなった理由の一つです。

何かがおかしくなったら、その直前にした操作を検証することは障害対応の鉄則ですが、今回はそれが出来ていませんでした。

 

プラグインを疑うが、無実。犯人はいったい誰?

wordpressにおいて、動作の不具合を引き起こすよくある要因にプラグインがあります。

プラグインとテーマや、プラグイン間の相性等で、不具合を起こすことがあるのはよく聞く話です。

プラグインが犯人かと思い、ひとつずつプラグインを無効化し、状況の変化を見るも改善せず。

後はCSSくらいしか触っていないはずなのに…

 

ネットの情報で判明。犯人はあいつだ!

ネットで同じ様な状況の人がいないかと記事を探していたら、有力な情報がありました。

yujiさんの書かれた記事で、functions.phpで関数の前後に改行をいれると、その様な現象が発生したとのご報告です。

そういえば、functions.phpを開いた覚えがあります。

phpが全く分からないので、中身を覗いただけでしたが、確かにそのときphpの文字列にカーソルを合わせていた記憶があります。

その際に、意図せずenterキー等に触れ、改行が入った可能性は否定できません。

それならば元の状態に戻せばよいと思い、stinger3のオリジナルのfuctions.phpのコードを選択し、テーマ編集からfunctions.phpを開き、右クリックでコピーアンドペーストしました。

してしまったのです…

 

画面が白紙。更新どころか、何も出来ない状態に。

外観⇒テーマ編集⇒functions.php ここに元のコードの文字列をコピペし、ファイルを更新。

これで大丈夫だと思いきや、突如画面は真っ白に。

ダッシュボードから再度編集しようにも、全てのページが白紙になり、まったく操作できません。

ブログ自体も表示されない状態になってしまいました。

phpには文字セット(Shift_JIS、UTF-8等)というものを指定する必要がありますが、データベース上の設定と私が適当にコピペしたものとでは文字セットが異なったのです!

ついついCSSを編集しているときと同じ感覚で触ってしまったのが、失敗の要因かと(トホホ> <)

サイトの柱であるfunctions.phpが無効なものになってしまったがために、操作不能な状態に陥ったわけです。

 

さくらのコントロールパネル。どこからphpをアップロードすればよいのやら…

コピペのミスで操作不能にしてしまったわけですが、そもそもオリジナルのファイル自体を再度アップロードし、上書きしてしまえば解決するはずです。

他のCSSやら何やらは既にカスタマイズ済みなので触らずに、functions.phpだけを入れ直したいのですが、どうすれば良いのか。

私の使用している「さくらのレンタルサーバ」であれば、サーバコントロールパネルにログインし、左側メニューの「運用に便利なツール」から「ファイルマネージャ」を選択すると、各種ファイルのインポート・エクスポートが可能です。

さくらのコントロールパネルは、インターフェイスが分かりにくい作りになっているので、見つけるのに苦労しました(ミスしたのは私なので文句を言う立場ではないのですが^^)

今回のことは教訓にし、しかしカスタマイズは諦めずに勉強しながら続けていこうと思います^^

いつも応援頂きありがとう御座います


あなたに幸運が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です