予備校代、損してませんか?

 

近年、大学受験の定員枠が厳格化され、大学側も余分な合格者を出さなくなりました。

以前なら合格していたレベルの人も、ドンドン落とされる時代になっています。

 

大学受験を志すとき、多くの受験生にとって、予備校は必要不可欠な存在であると思います。

みんなにとって必要であるにも関わらず、一つ大きな問題があります。

それは、料金です。

 

予備校は高い!

とにかく高い!

 

大手予備校の年間費用は、およそ100万円前後と言われています。

大学に入ってから何百万円もかかる、それは分かる。

だけど、入るための勉強だけで年間100万円かかるって、かかり過ぎじゃないですか?

 

なんでこんなにかかるのか、けしからんじゃないか。

ということで、まなびやで予備校部を立ち上げました。

 

大手には真似出来ない、個人塾ならではの内容となっております。

 

とにかく高い予備校費用!まなびやなら解決できる!3つの理由

 

理由1:完全定額制→月3万円

 

とにかく、予備校の問題点は、高い!ということ。

これに尽きます。

 

夏期講習、最低10万円からとか、ザラにあります。

欲しい講座を取っていったら、20万円だって軽くいきます。

 

お金が無いと大変です。

夏期講習費用払うために、バイトでもしなくちゃなりません。

 

どうしよう。

吉野家で、夜勤バイト入りますか。

フルで1ヶ月働いたって、源泉徴収とかなんちゃら保険料とか引かれたら、20万円とか、そんなの払えませんって。

てか、夜勤フルで入っている時点で、間違いなく受験勉強出来ませんって。

 

それだけのお金を ポン って出せるご家庭は良いですよ。そりゃあ。

でも、それだけの余裕が無い場合は、厳しいですね。

余裕が無い場合、次の選択肢のうち、どちらかを選ぶことになります。

 

①高いから、払えない→→→通えない。

もしくは、

②高いから、バイトする→→→勉強時間減る。

 

これって結局、

DEAD OR DIE

で、

どっちも死んでるやん!

ってことですよね。

 

 

確かに、高くかかるだけあって、設備は良いです。

講師も超一流です。

システムも、めちゃくちゃ完成されてます。

生徒も多くて、友達も沢山できるでしょう。

生徒間での浮いた関係=恋愛 (ポッ) なんてのあるかも知れません。

 

それも、良いでしよう。

大変良いでしょう。

めっちゃめっちゃ良いでしょう。

あぁ、うらやましい!

 

でも、それって、絶対いりますか??

 

どんなに条件が良くても、通えなかったら意味ないですよね。

 

それに、勉強しに行っているのに、新たに友人関係を作る必要あります?

 

ぶっちゃけ、逆に面倒くさくないですか。

LINEグループとか、サイゼリヤでの打ち上げとか。

 

色々と、ムダが多くないですかぁ?(←若干あおり気味)

 

 

まなびやでは、

 

設備:ダメダメ

システム:これから

生徒:ガラガラ

 

です。

なぜか。

そこには、お金を掛けていないから。

必要がないと思うからです。

 

それよりも、お金の心配をせずに勉強に集中する環境を作ってあげたいと考えています。

 

なので、完全定額制にしました。

月額¥30,000+消費税です。

 

コマ数制限は無く、通い放題です。

しかも、全教科指導します。

 

夏期講習、冬期講習の追加費用も必要ありません。

 

まなびやが安く出来る理由は、他にもあります。

授業の廃止です。

 

理由2:時間の節約!授業の廃止

 

大手予備校の費用が高くなる理由として、講師にかかるギャラの問題があります。

 

大手予備校と言われるところは、どこも看板講師を抱えています。

予備校業界には、いわゆる「林修」クラスのカリスマ講師がわんさかいます。

 

彼らはカリスマと言われるだけあって、やはり実力は別格です。

頭が良くて、話も上手くて、見た目もカッコイイ(カワイイ)。

何より、授業が分かりやすい。

学校の先生よりも、遥かに分かりやすい授業をしてくれます。

 

それだけ素晴らしい先生ですから、当然ギャラも高くなります。

そりゃそうですよね。

カリスマ講師に、時給800円で働いてよって言ったら、逃げられます。

(私なら受けるかも知れない)

 

 

素晴らしい講義を出来るのですから、それ相応の対価が必要です。

対価の元手は、生徒の授業料から出ますので、授業料が高くなるのは必然です。

生徒は、高い授業料を払うおかげで、とても分かりやすい、完成された講義を受けることが出来ます。

 

分かりやすい授業、とても良いことです。

完成された講義、素晴らしいです。

しかし、あえて、あえて問います。

 

「カリスマ講師の授業」、いる?

 

 

昔と違って、今はインターネットが発達し、格安で動画授業も受けられます。

youtubeだってあります。

無料動画でも、質の高いものはたくさんあります。

 

ハッキリ言って、教科書に出てくる公式を理解するだけなら、カリスマ講師の超高級授業じゃなくても、分かりやすいものがたくさん出ています。

 

参考書も進化しています。

受験生がつまづきやすいところを、丁寧に解説してくれている本がたくさん出ています。

 

ブログだってあります。

yahoo知恵袋だってあります。

ほとんどの調べ物は、「完成された授業」を見なくても、本やネットで調べれば分かります。

 

時代は変わりました。

「カリスマ講師」は世の中に必要ですが、

大切なのは「あなたにとって必要か否か」です。

 

授業が無ければ、その分費用は安くなります。

費用が安くなるだけではありません。

時間も節約できます。

授業を受ける時間が省けるため、その分自分のペースで勉強を進めることが出来るからです。

 

 

そもそも、予備校での「授業」っているんでしょうか?

 

私自身の経験から言うと、

みっちりとした授業が必要なのは、小・中学生まででは無いかと感じています。

 

高校生からは、自学自習で勉強が進められるので、学校での授業があれば、あえて追加で授業を受けなくても大丈夫では無いか思います。

 

高校生以上になって必要なのは、授業よりも、「質問指導」だと感じています。

 

多くの高校生が、分からないところを、ピンポイントで教えてくれる講師を探しています。

 

 

本当に必要なのは、集団授業ではなく、個別の質問に対応してくれる人ではないでしょうか。

 

「教科書を見て、公式は分かった。使い方も分かった。でも、この問題をどう解けば良いのか分からない。」

そんなときに、誰かに教えてもらいたいと思うのではないでしょうか。

 

まなびやでは、生徒から質問を受けた内容を、ピンポイントで個別指導致します。

疑問が解消するまで、指導します。

 

逆に、自分で勉強して分かるところは、説明をしません。

分かっているところを説明するのは、時間のムダになるからです。

 

授業の時間を省き、個別の質疑を大切にする。

最大限効率よく勉強できる仕組みを作っています。

 

ちなみに、「授業の廃止」と言っても、参考書だけで勉強をさせる訳ではありません。

哲人授業の「学びエイド」→使い放題

速読英語→使い放題

読むぞう(国語の速読読解)→使い放題

もついています。

 

必要に応じて使ってもらうことが出来ます。

 

 

まだまだ仕組みづくりは色々とあるのですが、

だいぶ長文になって参りました。

次は簡単に締めます。

 

理由3:誰に相談するの? ボクでしょ! 担当の一元化

 

まなびやでは、教科指導も、スケジュール指導も、進路指導も、全て同じ人間が行います。

勉強の質問も、スケジュールの相談も、1人の講師(ワタシ)にしていただければ良いので、色々な人に相談をする手間が省けます。

 

また、管理を円滑にするために、予備校部の定員を5名までと決めています。

1人で管理することが出来る限界を考えて、この定員数にしました。

 

1人の講師が、5名分の学習ペース指導および全教科の質疑応答を行います。

生徒の状況を常に把握しているため、色々な人に連絡する手間が省けます。

 

他にも仕組みづくりは色々ありますが、百聞は一見に如かず。

2週間の無料体験を設けておりますので、ご興味のある方はお気軽にご参加頂ければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です