大阪 私立高校無償化制度 拡充へ

私立高校授業料給付制度の拡充

大阪府では、中学校卒業時の進路選択の際に、私立高校への進学を経済的理由であきらめることのないよう、授業料を実質無償化する制度が実施されています。

この制度を使い、私立高校に進まれる方は少なくありません。

そして、2019年度新入生から、これまで以上に手厚い補助制度が実施されることが決定致しました!

是非この制度を活用し、希望に応じた進路を選択していきましょう。

新しい制度のもとでの、授業料負担額は次の通りです。

授業料負担年額

また、通信生高校も対象となります。

通信制(1単位あたりの授業料が10,032円の学校の場合)

※1 表示の年収めやすは保護者のうちどちらか一方が働き、高校生1人(16歳以上)、中学生1人の4人世帯の場合のものです。実際は、道府県民税所得割額と市町村民税所得割額の合算により判定します。
※2 19歳(高校生は除く)以上は、在学者に限る。
※3 授業料にかかわらず負担額は変わりません。
※4 授業料が60万円を超える学校の場合、その超えた額と上記負担額の合計額が負担額となります。 (授業料が65万円の学校の場合→上記負担額+5万円)
※5 授業料が60万円未満の学校の場合、授業料から118,800円を引いた額が負担額となります。
※6 1単位あたりの授業料が10,032円を超える学校の場合、その超えた額に5,220円を加えた額が負担額となります。
(1単位あたりの授業料が12,000円の学校の場合→7,188円)
※7 1単位あたりの授業料が10,032円未満の学校の場合、授業料から4,812円を引いた額が負担額となります。

補助の要件と注意事項について

いずれにつきましても、詳細は下記お問い合わせ先よりご確認ください。

府民お問合せセンターピピっとライン
(06)6910-8001
大阪府教育庁私学課
(06)6941-0351(代表)
大阪府HP
「私立高校生等に対する授業料支援について」

 

給付型以外にも、貸し付け型のものもあります。

こちらは、大阪府育英会が運営母体となります。

大阪府育英会奨学金制度

大阪府育英会では、経済的理由により修学が困難な生徒の方に奨学金の貸付が行われています。(保護者が大阪府民に限られます。)

■ 申し込み後の辞退が可能です。資金に不安がある場合は、念のためお申込みしておくという選択肢もありです。

■ 奨学金は貸付金です。返還の義務が発生します。(返還月額等は借入総額により異なります。)

【奨学資金】

【入学時増額奨学資金】※5

※ 上記は、2018年度新入生を対象としたものです。今後変更になる場合があります。
※1 父母(いずれか1人に収入あり)、子ども2人(高校生1人と中学生1人)の4人世帯の場合の一例です。(実際の額は、家族構成等により異なります。)
※2 市町村民税のうち前年の住民税課税標準額に応じて課税される税額(保護者合算)をいいます。
※3 各学校の授業料年額から、国の就学支援金や大阪府の私立高等学校等授業料支援補助金、学校独自の減免額等を差し引いた、実質的な授業料負担額をいいます。
※4 2017年度以降入学の方で、市町村民税所得割額が251,000円以上304,200円未満(年収めやす800万円以上910万円未満)で府内の私立高校等に3人以上通わせている世帯について、大阪府授業料支援補助金の対象となる場合は、奨学資金の貸付対象外となる場合があります。
※5 高校等入学前に、入学金等必要な資金を貸し付けするものです。進学後の貸付はできません。

【お問い合わせ先】

在学する学校 または、 (公財)大阪府育英会 採用貸付課
(06)6357-6272
http://www.fu-ikuei.or.jp

 

政策金融公庫が実施する教育ローンもあります。

教育ローン

☆ 利率は金融情勢によって変動します。一定の要件を満たす方には優遇措置もあります。
☆ 詳しくは、https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/ippan.htmlへアクセスください。
※ 各機関によって、貸付限度額・利率等に変更がある場合がありますので、利用にあたっては各機関にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です