工事担任者試験_AI/DD総合種_平成30年秋_基礎_2-4 バイアス回路

問題

 

 

解説

 

本問の記述はこの10年間における総合種試験では、同じものが見当たりませんでした。

DD1種など、他の試験種別では既に出題されていたかも知れませんが、総合種としては新問の部類に入れても宜しいかと思います。

 

これを機に、この内容・文言を覚えておきましょう。

 

キーワード対策

 

トランジスタによる増幅回路を構成する場合のバイアス回路は、

トランジスタの (動作点)の設定を行うために必要な直流電流を供給するために用いられる。

 

本問と同じ内容が来たら、答えられるようにしておけば大丈夫です。

 

答え:④

出題頻度

 

総合種においては、この10年間で初めての問題になります。

過去の出題頻度が次回試験にも適用されると仮定すると、本問をマスターすることにより、

約5%の確率で、得点につながると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です