工事担任者試験_AI/DD総合種_平成30年秋_基礎4-4 非直線ひずみ

問題

 

 

 

解説

 

伝送回路の入力と出力の信号電圧が比例関係にないために生ずる信号のひずみは、 非直線ひずみといわれます。

このキーワードのまんま出てきますので、覚えておきましょう。

 

覚え方のコツは、

「比例関係にない」という文言から、「非直線」と憶えましょう。

(もし比例関係にあれば、直線になるはずですよね)

 

解答:②

 

類題

 

類題が2問あります。

 

①平成26年秋_問題

 

 

 

①平成26年秋_解説

 

伝送回路の入力と出力の信号電圧が比例関係にないために生ずる信号のひずみは、 非直線ひずみといわれます。

 

解答:③

 

 

 

②平成28年秋_問題

 

 

 

②平成28年秋_解説

 

伝送回路の入力と出力の信号電圧が比例関係にないために生ずる信号のひずみは、 非直線ひずみといわれます。

 

解答:③

 

出題頻度

 

最後に、本問の出題頻度をご紹介したいと思います。

※いずれも個人的に分析したものです。数値の信頼性を保証するものではありません。

 

本問と同じパターンが出た頻度は、

□AIDD総合種・・・約30% (過去試験10回中3回)です

過去の出題頻度が次回試験にも適用されると仮定すると、本問をマスターすることにより、

約30%の確率で、得点につながると考えられます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です