工事担任者試験_AI/DD総合種_平成30年秋_基礎5-3 レイリー散乱

問題

 

 

解説

 

この問題も、超頻出です。

必ず覚えておきたい問題のひとつです。

 

空が青く見えるのはレイリー散乱、白っぽくみえるのはミー散乱によるものと言われています。

実際は、レイリー散乱とミー散乱が複雑に絡み合うことにより、空の複雑な色が出来上がります。

 

光ファイバ内でも同じように散乱が起こっています。

散乱のメインとなるのはレイリー散乱ですので、試験対策上はこれだけ覚えておけば大丈夫です。

 

解答

 

類題

 

類題が3問あります。

 

①平成25年春_問題

 

 

解説

光ファイバ内で光が散乱する現象は、レイリー散乱と言います。

 

解答

 

②平成26年春_問題

 

 

解説

試験には、ミー散乱はでません。

 

解答

 

③平成27年秋_問題

 

 

解説

レイリー散乱は、光波長の「4乗に反比例する」というところも覚えておきましょう。

 

解答

出題頻度

 

最後に、本問の出題頻度をご紹介したいと思います。

※いずれも個人的に分析したものです。数値の信頼性を保証するものではありません。

 

本問と同じパターンが出た頻度は、

□AIDD総合種・・・約20% (過去試験20回中4回)です

過去の出題頻度が次回試験にも適用されると仮定すると、本問をマスターすることにより、

約20%の確率で、得点につながると考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です