工事担任者試験_AI/DD総合種_平成30年秋_基礎5-5 波長チャーピング

問題

 

 

解説

 

数ギガヘルツ以上の高速変調を行うと、波長が変動する波長チャーピングという現象が起こります。

チャーピングは英語で、さえずるというような意味があります。

 

光の波長がさえずるように、細かく震えて変動するイメージです。

 

波長チャーピングは波長の変動を起こすため、信号の劣化要因などになります。

伝送品質を上げるため、波長チャーピングを防ぐ技術なども研究されています。

 

 

解答

 

類題

 

平成25年秋_問題

 

 

解答

 

出題頻度

 

本問の出題頻度をご紹介したいと思います。

※いずれも個人的に分析したものです。数値の信頼性を保証するものではありません。

 

本問と同じパターンが出た頻度は、

□AIDD総合種・・・約10% (過去試験20回中2回)です

過去の出題頻度が次回試験にも適用されると仮定すると、本問をマスターすることにより、

約10%の確率で、得点につながると考えられます。

最後に

 

平成30年秋 基礎の問題の解説がやっと終わりました!!

ゴールデンウィークが始まってからの一週間は、このためだけに時間を捧げておりました。

 

まだ終わりではなく、これから「技術」の解説を始めます。

このペースでは、とてもゴールデンウィーク中に解説が終わりそうにないので、ピッチを上げて進めていきます。

これからも、宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です