工担総合種_技術_第1問_多機能電話機

直近の過去問(平成30年秋)の解説を作成しようと思いましたが、どうせなら、試験に出た単元を全て挙げていこうと思い直しました。

ここから、総合種技術の問題を単元ごとに分けて記載させていただきます。

【多機能電話機】重要度

★1つ

平成23年以降出題されていないため、★1つとさせていただきました。

【多機能電話機】要点の確認

 

学習へのアドバイス

 

半導体技術の発達に伴い、電話の多機能化が進みました。

現在はスマートフォンに主役の座を取って代わられたようにも見えますが、会社などではまだまだ現役で使われております。

多機能電話機の機能は、基本的には名称からその内容を認識できるものがほとんどです。

ここでは、実際に試験に出たものだけを挙げていきますので、確認をしていきましょう。

 

キーワード

 

 

 

出題のポイント

 

紛らわしい用語の整理が出来ているか問われています。

本問に限らず、「似たものは出題されやすい」ということを意識して学習に取り組みましょう。

 

内容チェック

 

ワンタッチダイヤル(オートダイヤル)機能

 

電話機の内蔵メモリに、あらかじめダイヤル番号を記憶させておき、該当するボタンを押すだけで、記憶させたダイヤル番号を選択信号として送出できる機能のこと。

 

 

プリセットダイヤル機能

 

間違い電話をなどを防止するため、電話機のディスプレイにあらかじめダイヤル番号を表示させ、確認、訂正などの後、送出できる機能のこと。

 

 

過去問演習

 

平成23年春

 

 

解説

A:間違い電話を防止するために、事前に番号を登録しておく機能は、「プリセットダイヤル機能」と言います。

よって、記述内容は誤りです。

 

B:正しい記述です。

 

解答

 

さらに得点力アップ

 

さらに、次の内容も押さえられれば、万全と言えます。

 

①再ダイヤル機能

⇒直前にかけた相手の番号を、自動的にメモリに記憶。再発信が可能。

 

②スピーカ受話機能

⇒電話機内蔵のスピーカーを用いて、受話器を上げずに受話を可能にします。

 

③オンフックダイヤル機能

⇒スピーカボタンを押すことで、受話器を置いたままダイヤル発信が出来る機能。

  

④ハンズフリー機能

⇒電話機内蔵のスピーカー、マイクを用い、受話器を手に取らずに通話が出来る機能。

通話途中で受話器を持ち上げることにより、自動で切り替えることが可能。

この機能を備えた電話機は、構造上ハウリングを生じやすくなります。

そのため、特に優れた防側音特性を必要とし、一般に、自動平衡形防側音回路(ハウリング防止機構)が用いられます。

 

⑤保留機能

⇒いわゆる保留機能です。

 

⑥発信者番号表示機能

⇒着信時に、交換機から送られてきたMODEM信号により、相手の番号情報を受信し表示する機能。

利用には、別途契約が必要となります。

最初に交換機から情報受信端末起動信号(CAR信号)が送られてきて、そこからMODEM信号の応答が始まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です