工担総合種_技術_第1問_FAX

 

【FAX】重要度

 

★★★

出題頻度は約35%です。

【FAX】要点の確認

 

学習へのアドバイス

 

FAXは、一般家庭での利用者は減少してきておりますが、企業ではまだまだ使われており、試験でも、コンスタントに出題されています。

出題頻度は、およそ4回に1回程度ですが、出題位置としては、試験の第一問目に出る可能性が高いです。
(過去問でも、ほぼ第一問目に出題されています)

試験の一問目というのは、メンタル面へ与える影響が大きくあります。

本試験で出ても動揺しないように、理解を進めておきましょう。

ファクシミリ装置の単元で、過去に出題されているのは、大きく分けて

「フェーズ」、「トーン」、「圧縮形式」の3種類です。

この3点を軸に、知識をまとめておきましょう。

 

キーワード

 

 

出題のポイント

 

フェーズの種別と、トーンに要注意です。

特にトーンは、数字と信号の内容が問われますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

内容チェック

 

【ファクシミリ装置の動作原理】

 

(送信側)

原稿を読み取り、原稿内容を画素に分解➡送信走査

画素の情報を電気信号に変換➡光電変換

伝送路に応じた処理を実施➡符号化、変調

そのデータを伝送路に送出します

 

 

(受信側)

受信側では、送信側と逆の手順が行われます。

伝送路から信号を受け取ると、

信号を元の電気信号に戻すための処理を行います➡復調、復号

得られた電気信号を、再現に必要な形でエネルギー変換し、記録紙に再現します➡記録変換

 

 

【G3形ファクシミリ】

 

ファクシミリには、G1~G4までグループがありますが、最も普及しているのがG3ですので、これだけ気にしておけば大丈夫です。

G3形機の端末特性は、ITU-T勧告T.4で規定されています。

 

 

【伝送制御手順】

 

制御手順は、ITU-T勧告T.30で規定されています。

手順の段階により、フェーズA~フェーズEまでの5段階に分けられています。

各フェーズは、おおざっぱに、次のように理解出来ます。

 

フェーズA:(送)今からFAXしますよ~の連絡  (受)OKの返事

フェーズB:今からメッセージ送りますね~の連絡

フェーズC:メッセージの送信

フェーズD:メッセージ送り終わったので、終わりますね~の連絡

フェーズE:通信終了

 

 

それでは、各フェーズの内容について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

フェーズA

呼設定を行います。

送信側は1,100Hzのトーン信号(CNG)を送出し、ファクシミリ装置であることを相手方に伝えます。

受信側は2,100Hzのトーン信号(CED)を送出し、応答します。

 

フェーズB~フェーズD:ファクシミリ特有の手順であることから、ファクシミリ手順とも呼ばれます。

G3形FAXでは、バイナリコード手順を採用し、伝送モードの標準は300bit/sの同期モードが用いられます。

 

フェーズB

プリメッセージ手順と言われ、能力の識別や受入可能な条件の確認を行います。

 

フェーズC

ここでメッセージの送信を行います。

フェーズCは、内容により、さらにC1とC2に分けられます。

C1⇒同期制御や誤り訂正を行う(インメッセージ手順)。

C2⇒画信号を伝送する(メッセージ伝送)。

 

 

フェーズD

ポストメッセージ手順と言われます。メッセージ終了信号(EOM)、メッセージ確認信号(MCF)、ファクシミリ手順終了信号(EOP)などに関する情報を含みます。

 

フェーズE

呼解放。これにより、通信が終了します。

 

 

【冗長度抑圧符号化方式】

 

画像データを圧縮し、信号量を削減する方法です。

G3形ファクシミリでは、標準としてMH符号化方式が採用されています。

オプションとして、MR符号化方式も準備されています。

MR方式では、MH方式のさらに3分の2程度まで、データが圧縮できます。

 

 

【走査方式】

 

端から端まで、一行ずつ順番に走査する平面走査方式が採用されています。

 

 

 

【カラーG3形ファクシミリ】

 

カラーファクシミリでは、データ量が膨大になるため、従来の圧縮方式では間に合いません。

そこで、圧縮率の極めて高いJPEG方式を用いて、画像圧縮を行っています。

 

⇒ファクシミリ装置における圧縮方式では、このJPEGが最も重要です。

この点、前述のJBIGと名称が似ているため、混同に注意しましょう。

 

過去問演習

 

平成23年秋

 

 

解説

フェーズに関する問題です。

細かい知識は不要で、フェーズの役割を理解しておけば解ける問題です。

ポイントは「メッセージ終了」という文言です。

フェーズDとフェーズEが混同しやすいので、注意しましょう。

メッセージ終了は、フェーズDです。

通信自体の終了が、フェーズEです。

勘違いをしやすいところなので、本試験でもよく問われています。

解答

 

平成22年春

 

 

解説

フェーズの知識を問う問題です。

フェーズは直訳すると“段階”という意味になります。

ファクシミリの伝送手順は、5つの段階に分けられます。

ここで、フェーズについておさらいをしておきましょう。

フェーズA:通信開始(呼設定)
フェーズB:プリメッセージ
フェーズC:メッセージ
フェーズD:ポストメッセージ
フェーズE:通信終了(呼解放)

各フェーズが担っている機能は、以上の通りです。

問題文にあるフェーズEは、通信終了に関するものなので、④の切断を選びます。

ここで、選択肢に「切断」という文言を用いていることに注意をしましょう。

通信終了を意味していますが、「切断」という文言で言い換えています。

このように、他の単元においても、言葉の言い換えがなされることがあります。

過去問を通じて、独特の表現に慣れていきましょう。

 

解答

 

 

平成26年秋

 

 

解説

フェーズAの内容に関する問題です。

フェーズAでは通信の開始(呼設定)を行います。

通信を開始するためには、送信側の「通信しても良いですか?」という問いかけと、受信側の「通信しても良いですよ」の応答が必要です。

 

この「通信しても良いですか?」の問いかけにあたるのが、CNG信号です。

信号は1,100Hzのトーンとして送出されます。

 

これに対して、「通信できます」と応答するのが、CED信号です。

こちらは呼びかけ信号よりも1,000Hz高い、2,100Hzのトーンを送出します。

 

このCNGとCEDを混同しやすいので、注意が必要です。

 

雑な覚え方(暗記法)として、

CNGは、通信がNGかをチェックする⇒CNG

CEDは、チェックに対して「い~で~(関西弁・良いよの意味)」⇒CED

として、覚えるのも良いかも知れません。。。

 

解答

 

平成28年春

 

 

解説

 

先ほどと同じパターンの問題です。

1,100ヘルツは、CNG信号です。

 

解答

 

 

平成29年春

 

 

解説

フェーズAの内容に関する問題です。

先述の通り、フェーズA(通信開始)には、2つの信号が介在します。

 

送信側のCNG信号と、受信側のCED信号です。

 

本問では、受信側の動作を聞かれているので、CED信号のトーンについて答える必要があります。

問題文を飛ばし読みしてしまうと、CNG信号を聞かれていると錯覚してしまうので、注意が必要です。

 

もう一度整理をしておくと、

 

送信側=CNG信号(FAXしても良いですか?) 1,100Hz

受信側=CED信号(FAXしてもい~で~)2,100Hz

となります。

 

解答

 

平成25年春

 

 

解説

 

本問では、カラーファクシミリの静止画規格を聞いているので、JPEGが正解となります。

 

カラーに限定されなければ、

MH⇒MR⇒MMRの順に、右に行くほど圧縮率が高くなります。

 

他、MPEGは動画の圧縮方式です。

 

解答

 

平成27年春

 

解説

全く同じパターンの問題です。

FAXで、静止画像と来たら、JPEGです。

 

解答

 

さらに得点力アップ

 

過去問ではフェーズDとフェーズEについて問われていましたが、フェーズA~Cも今後出題される可能性は大いにあります。

まずは過去問を覚えて、余力があれば他の知識も見て行くように致しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です