超直前!工担総合種まとめ講義_技術第1問 重要過去問36

平成21年春



(解説)

 

A:パケットモード端末側のLAPBと、Dチャネル側のLAPDとの間で、プロトコルの変換を行う

 

⇒正しい記述です。

端末アダプタの持つ重要な機能の一つに、これらのプロトコル変換を行う機能があります。

プロトコルとは直訳すると「規約」という意味で、通信上のルールを意味します。

例えばボクシングでも、WBCとIBFでは細かなルールが違うように、プロトコルが異なるとそのままでは適合しません。

端末アダプタはプロトコルの変換を行ってくれるので、LAPBとLAPD間での通信が可能になります。

ボクシングの例えを出したことが適切か否かはさておき、プロトコルの変換機能は覚えておきましょう。


B:デジタル電話機のユーザーデータ速度を64キロビット/秒又は16キロビット/秒に速度変換する

 

⇒誤りがあります。

 

TAが有する速度変換機能とは、非ISDN端末に対するものです。

 

そもそもISDN端末では、速度変換の必要がありません。

問題文にある「デジタル電話機」とは、一般にISDN対応電話機のことを指しますので、速度変換の必要はありません。

よって、「速度変換する」との記述は不正解となります。

 

(解答)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です