姉妹サイト『ワープレさん』 ドメインはblog110.net.

ワープレさん

wordpressの勉強として始めたサイトに、『ワープレさん』というサイトがあります。

今ではもう更新もしていないのですが、ちょくちょくアクセスがあります。

アクセスの大半は、米国からです。

どうも、このサイトのドメイン(blog110.net)に引かれて来る様子。

このblog110.netというドメインで検索されるのか、中身ではなくドメインだけで辿りつく人が多い様です。

 

当ブログには無いアクセスが、blog110.netにはあります。

明らかにドメインによるアクセスの集まり方が違います。

この意味において、ドメインの取得というのは大切なのだと教えられました。

 

 

ちなみに、米国の人はよく記事にコメントをくれます。

そして、米国からのコメントは、変わったものが多く、いくつかトレンドがありました。

その中でも、とある方から、度重なるコメントをいただきました。

wordpressでは、コメントが投稿されたipアドレスが分かります。

同一アドレスからのコメントです。

最初の頃は、

「やぁ、こんにちは。私はあなたのサイトを認識しているよ。良かったら、相互リンクを貼らないかい?良い関係になれると思うんだ。連絡まってるよ。」

というコメントが来ました。

自分のサイトを宣伝したい様です。

明らかに怪しい。

気味が悪いので無視していると、今度は怒り出しました。

「このサイトは、私のサイトを真似している。ドメインを譲り渡すべきだ。さもなくば訴える。訴えられたくなければ、ここに連絡しろ。話を聞いてやらないでもない。」

という様なことが、英語のメッセージで送られてきました。

訴えられても困ります。

そもそも、相互リンクを貼ろうと言ってきたのはあなたではないですか。

無視していました。

そうすると、そのうち、

「googleが憎い。googleが憎い。おまえはgoogleのf○ck野郎だ」

とのメッセージが何度も来る様になりました。

なぜgoogleの文句が私に来るのか。

そして、なぜ私がgoogleのf○ck野郎なのか、合理的な説明は一切ありません。

最初の頃の爽やかさは、いったいどこに行ったのでしょう?

何がこの人をダークサイドに落としてしまったのか。

それでも無視していると、

「ルイ・ビィトンがお買い得ですよ。グッチもあります。」

と、急にブランド品を宣伝してきました。

つい先日までgoogleを憎んでいたのでは無いですか。

「このブランドが安いよ。もっと安くしてあげるよ」

いったい、この人に何があったのでしょう。

「水着なら絶対にこのブランド!」

あぁ、訳が分かりません。

 

今では、このサイトのコメント欄には、ブランド品宣伝の承認待ちが溢れかえっています。

この意味において、ドメインの取得というのは大切なのだと教えられました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です