入試と学校のテストの違い

入試と学校のテストには違いがある

 

今回お話したいのは、入試と学校のテストの違いについてです。

入試一般に言えることですが、とりわけ大学入試に顕著なお話をさせていただきます。

入試と学内テスト、その違いは何か。

それは、「未来」を見る試験か、「過去」を見る試験かと言うことです。

227f98ee3a7ea15fc1394735a020936a_s

学校のテストは「過去」を見る試験

 

学校のテストは何するものぞと言いますと、その狙いは主に「過去」をテストすることにあります。

テストでは授業で扱った内容が出題されます。

問題を作るのも採点するもの、学校の先生が行います。

先生の心情として、授業の内容をここまで理解してくれたらこれだけ点数をあげようと、考えてテストを行います。

つまり、現時点から過去に向けてのテストをしているということになります。

fce37faccad4f003462464d6ab602228_s

入試は「未来」を見る試験

 

ところが、大学入試では様相が異なります。

大学側にとってテストしたいのは、過去にどれだけマジメに取り組んだかではありません。

入学してから、どれだけ力が発揮出来る人材なのかが見たいのです。

つまり、「未来」に対するテストをしているということになります。

極端な話、教科書の範囲が完璧に理解出来ているかよりも、地頭がどれだけ優れているかを知りたいのです。

その意味においては、入試に小論文を課す理由も頷けるところです。

c0b117014458365178346f902209f5e4_s

受験生は2つの性質の違いを認識して取り組もう

 

以上の理由から、入試とテストは、その目的の違いにより性質が異なります。

受験生は漫然と取り組むのではなく、その違いを認識しておくと自ずと何をなすべきかが見えてきます

学校のテストは「過去」を見られますので、授業で取り上げた事柄や、教科書をベースにした勉強に取り組みます。

また、提出物があれば期日までに丁寧に取り組み仕上げます。

それらがしっかりと出来ていれば、必然、高い点数が取れます。

一方、入試というのは「未来」を見るテストですから、単純に教科書の勉強をすれば良いという訳にはいきません。

求められているものは学校により異なるのですから、まずは自分の志望校の傾向を見るべきです。

志望校の傾向というのは、とりも直さず過去問に明示されています。

過去問に取り組み、志望校がどういう能力を必要としているのかに応じて対策をしていきましょう。

9869260ce6920c13c2fc78ef2adee9d0_s

いつも応援頂きありがとう御座います
ポチっとしたら絶対合格!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です