makeshopにgoogle analyticsを設定する方法。より詳細なアクセス解析のために。

analytics

アクセサリーショップHappy Yukiに、Google Analyticsを設置いたしましたので、その方法を記載致したいと思います。

 

Google Analyticsとは

Google Analyticsとは、インターネット広告用語辞典によると、

Googleが提供する、高機能な無料アクセス解析ツール。Googleアカウントを取得すれば、誰でも月間アクセス500万ページビューまで無料で利用することができる。また、アドワーズ広告を利用していれば、アドワーズ広告の管理画面から直接GoogleAnalyticsを利用でき、アドワーズ広告の費用対効果も計測できる。

Google Analyticsは、世界中の大規模サイトに導入実績のある高機能なアクセス解析ツール、Urchinをベースにしたもので、広告効果の測定、ユーザーのサイト内での移動履歴の確認、検索キーワード解析など、ネットビジネスの効率化に必要な様々なデータを取得することができる。

とあります。

要は、高機能なアクセス解析のツールということです。

 

ショップ運営には、アクセス解析が不可欠

ショップを効率よく運営するためには、アクセス解析が欠かせません。

どこから来たのか、どのワードで来たのか、どれくらい滞在して、どういう行動を取ったのか。

アクセス解析とは、訪問者の行動を分析するものです。

顔が見えないネット上でのビジネスは、アクセス解析を行なうことによって始めて、ユーザの姿が浮かび上がってきます。

 

Google Analyticsは、MakeShopからもオススメ

Google Analyticsはアクセス解析ツールであると述べましたが、MakeShopには最初から独自のアクセス解析の機能が入っています。

その機能だけでも良さそうに思えますが、アクセス解析の機能としては、必ずしも十分と言えない様です。

使えはするが、Google Analyticsに比べると、精度や機能面で見劣りするとのこと。

MakeShopの複数の方からも、Google Analyticsの導入もオススメされました。

また、MakeShop自体が、Google Analyticsに絡めたコンサルサービスを売りにしています。

Google Analytics自体の利用は無料です。

ショップ運営に有効なのであれば、導入すべきと思い、挑戦してみました。

 

Google Analyticsの設置手順

1.Google Analyticsのコード取得。

2.MakeShop の管理画面からコードを入力。

ステップとしては、この2ステップだけです。

この記事では、2のステップについて詳しく確認していきたいと思います。

それでは、下記に見ていきます。

 

1.Google Analyticsのコード取得

これにつきましては、既に優れた記事が多数書かれていますので、あらたにこのブログで書く必要は無いかと思います。

ご参考までにひとつ記事をご紹介したいと思います。

TAFCUE COM様の記事

初めて設定する方に向け詳しく書かれており、優れた記事です。

無事に設定が進むと、コードが発行されます。

2014-09-02_01h15_44

このコードをコピーしておいて、次にMakeShopの設定に入っていきます。

 

2.MakeShop の管理画面からコードを入力

それでは、Google AnalyticsのコードをMakeShopに設定する方法を見ていきましょう。

プロモーションの選択

まず管理画面にログインし、『プロモーション』を選択します。隣のアクセス統計と間違えがちなので注意が必要です。

2014-09-02_01h22_47

 

タグの設定⇒アクセス解析用のタグの設定

 

次に、『タグの設定』から、『アクセス解析用のタグの設定』に入ります。

2014-09-02_01h23_01

Google Analytics用の設定

Google Analytics用の設定を行ないます。

ここに、ユニバーサルアナリィティクス等ありますが、Google Analyticsの設定状況によります。

2014-09-02_01h23_58

ユニバーサルアナリィティクスとは、Google Analyticsの新バージョンです。より詳細な解析が出来る様です。

ご自身のGoogle Analyticsが旧バージョンか、新バージョンかは、Google Analyticsのプロパティ画面より分かります。

下の画像にある様に、「トラッキング情報」と表示されていれば、新バージョン、ユニバーサルアナリィティクスになっています。

2014-09-02_02h57_56

もしも、「トラッキングコード」という表示なら、旧バージョンのGoogle Analyticsです。

ウェブプロパティIDの入力

PC用とモバイル用に、ウェブプロパティIDの入力をします。

ここに先ほどGoogle Analyticsで取得したコードを記入します。

PC用とモバイル用の違いは、最初のアルファベットが「UA」か「MO」かだけです。

後に続く数字は同じです。

2014-09-02_01h24_30

ここまで設定できたら、最後に保存を押して終了です。

2014-09-02_01h24_39

設定完了後、Google Analyticsに情報が反映されるまでは24時間ほどかかります。

気長に待ちましょう^^

最後まで記事をお読みいただき、有難う御座います664789c6oez1lkq4

あなたに合格が訪れます様に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です